2016年12月28日

クリオの描写に拘東力をもつものであったのである


恐ら(7.Xルメール自身であるだろう画家が、アトリエの中でィーゼルに向かい、一人のモデルを相手にして制作をしているという場景であるがにのモ刊レは芸術家に霊感を与える古代ギリシャの歴史を司るミューズ、クリオ(元来のギリシャ名はクレイオ)としてポーズを取っている。

彼女がそれと分かるのは、頭上の月桂冠とトランべットという名声の寓意像を表すニつの属性(持物)と、いま一方の手に持つ史iりによってなのであるが、こうした属性は、チェーザレ・リー,くのfイコ/ロギアJ (f寓意図像期をJ)という、あらゆる芸術家に利川された寓意図像の基準書が公刊されて以来、クリオの描写に拘東力をもつものであったのである。



Posted by スズコちゃん at 11:09│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。