QRコード
QRCODE
PR
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人

2017年05月08日

韓国女子アナたちのヒミツ

日本と同じように、韓国にも人気の女子アナウンサーがいる。そのなかでも一際、男性から熱い支持を受けている女性スポーツアナウンサーが、チョン・イニョンだ。身長175cmを超えるスラリとしたスタイルと、愛らしい笑顔で人気を集めている。

2014年に『アイ・ラブ・ベースボール』のMCに抜擢されると人気者になり、“野球女神”の愛称で親しまれるように。さらにサッカー番組を務めてサッカーファンを虜にするなど、まさに韓国を代表する美人スポーツアナなのだ。

スポーツアナという職業を生かして行なったプロ野球の始球式も行なうし、最近はバラエティ番組のMC、ドラマ出演と活躍の場を広げている。年齢やマルチな活躍フィールド、さらにはその人気と知名度から“韓国のカトパン”と言っても遜色ないかもしれない。

そんなチョン・イニョンとソウルでインタビューを行った。

忙しいなかでも快く取材に応じてくれた彼女は、そもそもアナウンサーになったきっかけについてこう話す。「少し複雑なんです。私は幼い頃、両親と祖父と暮らしていました。高校生のときに、『挑戦!ゴールデンベル』というクイズ番組に出たんですよ。いろんな高校を訪れて、そこの高校生100人くらいがクイズに挑戦するテレビ番組です。

クイズに正解した人が勝ち残っていくのですが、私はなかなか脱落しないで、最後のほうまで残っていた。それを見た祖父が“イニョンはテレビに出る人になってほしい”とおっしゃって」チョン・イニョンの祖父は、耳が不自由だったという。だからこそ祖父にはテレビに映る孫の姿がより眩しく見えたのかもしれない。
  


Posted by スズコちゃん at 10:50Comments(0)

2017年04月08日

マネの社会性や文学性を帯びた絵画的挑戦を強く感じさせる


この頃、パリではアプサントを始めとする度の強い酒による重篤なアルコール依存症が社会問題化しており、本作においても画面中央左部分に描かれるアプサントのほか、地面に転がる酒瓶、男の纏う(洗練された紳士的服装の風刺・揶揄である)古着の黒衣などにマネの社会性や文学性を帯びた絵画的挑戦を強く感じさせる。

なお本作は大多数の批評家が拒絶・拒否したものの、サロン審査に参加していたロマン主義の画家ドラクロワは擁護していたことが知られている。  


Posted by スズコちゃん at 12:21Comments(0)

2017年03月09日

人物像の描写は級も重要なものであった


こうした帰属せしめられた素描を除ぐと、もはや全体でも8点を超すことのない素描が確認できるだけである。歴史画家としてのヨドクス・ア・ヴィンゲにとって、人物像の描写は級も重要なものであった。

彼は色彩や構成について慎重に調和・均衝に配慮した人物構図を、建築モチーフ、それも大抵は、室内の空間描写の前に配置している。それによって、人物構図はしっかりとした構双を与えられる。ただし、それを証明するものは何も発見されていない。  


Posted by スズコちゃん at 16:33Comments(0)

2017年02月07日

景気後退や消費低迷も、韓国人が海外旅行で使った金額が過去最高に

2017年2月4日、韓国・聯合ニュースによると、全般的な景気後退と消費低迷にもかかわらず、昨年韓国国民が海外旅行に支出した費用が史上最大を記録した。

韓国文化体育観光部と韓国銀行(中央銀行)国際収支統計によると、昨年の一般旅行支払い額が231億2000万ドル(約2兆6000万円)となり、15年(215億3000万ドル=約2兆4200万円)に比べ7.4%増加した。この増加率は昨年の国内総生産(2.7%:韓国銀行予想)や民間消費(2.8%)増加率の3倍近くになる。一般旅行支払い額とは、留学・研修などを除いた旅行・出張目的で外国に滞在した際の宿泊・飲食・物品購入などに支出した金額を意味する。

年度別の一般旅行支払い額規模は、11年155億3000万ドル(約1兆7500万円)、12年164億9000万ドル(約1兆8600万円)、13年173億4000万ドル(約1兆9500万円)、14年194億7000万ドル(約2兆9200万円)、15年215億3000万ドル、16年231億2000万ドルとなっており、毎年記録を更新している。聯合ニュースは、「このように、韓国人の海外旅行での支出額が増えているのは、夏の休暇や祝日連休などを利用して国から離れることが普通のこととなったため」としている。  


Posted by スズコちゃん at 15:18Comments(0)

2016年12月28日

クリオの描写に拘東力をもつものであったのである


恐ら(7.Xルメール自身であるだろう画家が、アトリエの中でィーゼルに向かい、一人のモデルを相手にして制作をしているという場景であるがにのモ刊レは芸術家に霊感を与える古代ギリシャの歴史を司るミューズ、クリオ(元来のギリシャ名はクレイオ)としてポーズを取っている。

彼女がそれと分かるのは、頭上の月桂冠とトランべットという名声の寓意像を表すニつの属性(持物)と、いま一方の手に持つ史iりによってなのであるが、こうした属性は、チェーザレ・リー,くのfイコ/ロギアJ (f寓意図像期をJ)という、あらゆる芸術家に利川された寓意図像の基準書が公刊されて以来、クリオの描写に拘東力をもつものであったのである。  


Posted by スズコちゃん at 11:09Comments(0)

2016年12月03日

突如として描くに値するものとされ、画家を満たすこととなった


ヴアウエルマンは、イタリアから発生し、監/ボ’チ’汰った子供の意)))という悼名をもつピーテル・ファン・ラールを’Iとする芸術家グループによって、世に広く知られるま,うにな。

たーつの」三題を、この絵で捉えたのでおる。そnグループはフアン・ラールの糾え名にI刈んで、「’くンボッチアンテイJともirJ-ばれ、kt r;;的場lilt特別の|野しを抱いていた。の4苗写に術家のおかげで、社会のードhiないし最ード層の人々が登場する場Lモが、突如として描くに値するものとされ、画INを満たすこととなった。  


Posted by スズコちゃん at 10:14Comments(0)

2016年11月08日

モスル近郊に集団墓地、IS追放後に発見 「100人の斬首遺体」

イラク警察部隊は7日、イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」から奪還したモスル(Mosul)近郊地域にある農業大学の構内で、集団墓地を発見したと発表した。

 集団墓地が見つかったのは、イラクでISが掌握している最後の都市であるモスルの南郊から約14キロ離れたハマム・アルアリル(Hamam al-Alil)地域。

 警察は、ごみだらけの空き地に立つ治安当局の制服や平服を着た人々を写した一連の写真を公開。中には、ごみに囲まれて浅く掘っただけの墓地に埋められた遺体の一部である可能性のあるものを写した写真もある。

 イラク統合作戦軍(JOC)は、同大でイラク部隊が「頭部を切り落とされた民間人100人の遺体」を発見したと発表。特別班が捜査を行うとしている。

 ただ、遺体がまだ地中に残っている様子であるにもかかわらず、JOCが100人という犠牲者数を割り出し、さらに全員が斬首されていると判断した根拠は明らかにされていない。

 ISは2014年にシリアとイラクをまたぐカリフ制国家の樹立を宣言して以来、一斉斬首による「処刑」などの残虐行為を繰り返してきた。
  


Posted by スズコちゃん at 11:42Comments(0)

2016年10月14日

チューリップ・百合・薔薇・水仙といった花々を伴っている


ローマの花々の女神、春の女神であるフローラ(カタログNo.25参照)は、ここでは近寄りがたい神ではなく、非常に現世的な描き方で、上半身裸体の豊満な女性半身像として表現されている。

裸体であることは、彼女の自然・生長・繁茂の女神としての特徴に、その伸びやかな若々しさは、花々の守護女神としての彼女想する和「対応している。彼女は解かれて波打つ髪の中に花冠を付け、その他にもチューリップ・百合・薔薇・水仙といった花々を伴っている。  


Posted by スズコちゃん at 11:53Comments(0)

2016年09月19日

海の向こうの孤島に彼女を連れ去った

彼は短期間のうちに、貴人に必要とされるすべての知識を身に着け、数々の出来事を経た後に、エフィゲニアは彼の妻となる。本文では、キモンはまだ女性の身体を見たことが一度もなかったかのように、美女を見詰めている間、杖で身を支えていなければならなかったと、はっきり記されている。

また一方で、ルーべンスは出来事を逸話風に強調する。彼は彼女に近付くことがでさないと悟ると、アンジェリカが乗る馬に魔法をかけ、海の向こうの孤島に彼女を連れ去った。  


Posted by スズコちゃん at 16:40Comments(0)

2016年08月19日

F22に2万匹のミツバチ群がる、飛行できず

米空軍の最新鋭ステルス戦闘機「F22ラプター」の排気ノズルに大量のミツバチが群がっているのが発見され、一時的に地上待機を余儀なくされていたことが13日までに分かった。

このF22は米空軍第192航空団に所属する機体。6月11日、バージニア州のラングレー・ユースティス統合基地で排気ノズルから2万匹近いミツバチが垂れ下がっているのが整備員らによって発見され、一時的に地上待機を余儀なくされた。

ミツバチが絶滅の危機にあることを知った整備員らは地元の養蜂家アンディ・ウエストリッチ氏に連絡を取り、対策を依頼。米海軍の退役軍人でもある同氏が吸引機を使って大きなバケツ数個に無事ミツバチを移した。

ウエストリッチ氏がこれを自宅に持って帰り重さを量ると、群れ全体で約3.6キロ近くあったという。ミツバチはこの後、新しいすみかである地元のビール製造施設に送られた。

同航空団整備隊の品質管理責任者、グレッグ・アレン氏は、これほど大量のミツバチが航空機の排気口に集まった理由として基地内の別の大きな巣から移ってきた可能性が考えられると指摘する。同氏も養蜂家。

ウエストリッチ氏は、女王バチが休息のためにF22に止まり、女王バチについてきた他のハチとともに同機に偶然集まった可能性があるとの見方を示した。

ハチを除去した後、同機は再び飛行任務に復帰した。  


Posted by スズコちゃん at 09:54Comments(0)